空の色が日々違うように、日々違う色を帯びた自分に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wandering in Turkey - Part 1-②

案の定,だいぶ間が空いてしまいました。


まずは,おさらい↓

7/24 イスタンブールIN(夜)
 25 イスタンブール (→夜行でパムッカレへ移動)
 26 パムッカレ   (→夜行でカッパドキアへ移動)
 27 カッパドキア
 28 カッパドキア
 29 カッパドキア  (→夜行でイスタンブールへ移動)
 30 イスタンブール
 31 イスタンブール→夕方OUT(日本へ) 
8/ 1 日本BACK

今日の話は25日のイスタンブールからパムッカレまで。
…というか日本帰国まで書ききれるのか。。。笑

=================

2日目,パムッカレ行きの夜行バスの出発まで,イスタンブール観光。

トルコ最大級のバスターミナル,エセンレル・オトガルの一部

エセンレル・オトガル


有名どころは後半に取っておくために,イスタンブール新市街と呼ばれる地域へ。

途中,ボスポラス海峡を渡る。向こうには新市街。

ボスポラス海峡


新市街はヨーロッパの色が強く,おしゃれな街並みが続いていた。
日本で言うと表参道に似た雰囲気だろうか。。


これは新市街のメインストリートに差し掛かる前。けどヨーロッパっぽい画。

Like Europe


路面電車もデザインがレトロというか,かわいらしいというか…。

路面電車

イスタンブールも東京並みの酷暑だった。
思わずアイスに手が伸びる。

これが本場トルコ風アイス,通称“ドンドゥルマ”の一種。

ドンドゥルマ

まあそんなこんなで夜まで市内でのんびり過ごし,
夜行でパムッカレへ約10時間の旅。

快調に到着…と思いきや降ろされたのは,バスターミナルではなく見知らぬ幹線道路。
確かに予約の段階で少し怪しいバスではあったのだが,案の定。。。

とりあえず,必死に4人位の現地の人に道を聞き,
何とか親切にバスターミナルへの行き方を教えてもらう。

さらにバスを乗り換えて,パムッカレへ到着。
偶然にも出会ったおじさんのツアーに勢いで合流。

そのおじさん,Mr.モハメット。

Mr.モハメット


途中怪しく思ってしまったが,この旅の中盤,
パムッカレだけでなくカッパドキアの旅も彼のおかげで楽しむことができた,
この旅での恩人の一人。

ここからはツアーで出会った景色。

パムッカレ隣にあった古代遺跡・ヒエラポリスの円形劇場。

コロッセオ?

まさにかつて世界史の教科書で見た古代ギリシア的風景。


こっからはパムッカレの石灰棚4連発。

石灰が結晶化してできた景色,まるで雪原にも見える景色。

石灰棚1


一面が白いからか,水もパステルブルー。

石灰棚2


こうやって温泉に水着とかで入浴してる人も結構いる。

石灰棚3(人々)


水着を持ってこなかったので足湯で我慢。

足湯@パムッカレ


ツアー終了後,モハメットの親戚が経営するホテルでまったりさせてもらい,
オトガル(バスターミナル)へ移動。
再び夜行バスに乗り,次はカッパドキアへと向かった。
この短い旅のハイライトが段々と近づいてきていた。


<Part 2 カッパドキア編へつづく>

スポンサーサイト
 2010/09/08 (Wed) |  トルコ |  コメント (0)
Profile

バカ蔵’

Author:バカ蔵’
な,な,なんと,社会人5年目><

遠くへふらっと出かけるのが好き。
海を潜るのと雪山を駆け降りるのも好き。
ゆっくり走るのも好きになりました。
仲間と酒を飲みながら語るのが楽しみ。

まだまだ成長途中,突っ走るぞ!

Backnumbers
Calendar
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Archives
Categories
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。